Just another WordPress site

男ニキビケア

未分類

ニキビに絆創膏を貼って治療を促す方法を注意点とともにご案内

公開日:

明日は大事な日なのにこんな時に限ってニキビが!!なんて経験もあるよね?
そうゆう大事なイベントの日の前にニキビができてしまった場合、どうやって対処しよう!と思っている人も多いはず。
まずニキビが早く治る方法として最近話題になっている方法は絆創膏を貼るとニキビの完治が早くなるというもの。
ニキビに絆創膏を貼るってなんだかお肌に悪そう・・・って思ってしまうでしょう。
でもニキビに絆創膏を貼るとその部分に雑菌が入る危険性もなく、外的な刺激を与えずに済むから完治するスピードが速くなるんだって。

しかしその一方でニキビを絆創膏で隠してしまうと、ニキビに更に炎症を起こす場合があるっていう話もあるみたい。
じゃぁ本当はどっちが良いの?!って思うよね。
どうやらニキビには数種類あって、その中でも絆創膏を貼って良いニキビと、絆創膏が適さないニキビがあるみたいだよ。
まず絆創膏を貼って治療ができるのは赤ニキビだけなんだって。
その理由が赤ニキビはアクネ菌が増殖して起こってしまったニキビだから、赤ニキビの治療には早めにその炎症を抑える必要があるんだって。

だから炎症が起きている赤ニキビはその状態が長く続くとニキビ跡となって残る危険性もあるから絆創膏を使って一刻も早く炎症を鎮めることが大事みたい。
そしてよく口元にニキビが出来る人もいると思うんだけど、口元のニキビは果たして絆創膏は大丈夫なのか?ということだよね。
口元はうっかり手で触ってしまいがちな部分だし寝る時に寝返りを打った拍子に枕にニキビが擦れて悪化してしまうという可能性もあるよね。
結果的に口元のニキビって治りが遅いイメージがあるけど、絆創膏を貼ること早く治療が済むという場合もあるんだって。
しかし口元のニキビには絆創膏の貼り方が大事で、貼る時はニキビにベッタリ貼るのではなく、ちょっと浮かせるようにして軽~く貼る程度が良いみたいだよ。
その他のニキビにはあまり絆創膏は適していないみたいだから、気を付けようね!

-未分類